Home » 水田地域と発電

水田地域と発電

太陽光発電についてなのですが、実はある作物と相性が良いということが言われています。
その作物なのですが、お米です。
いわゆる、水田がある地域との相性が太陽光発電は良いものになっています。
それには、やはり日照時間というものがあります。
水田というものは程よい日照時間が確保できなければ、しっかりとした成長を得ることができないようになっているのです。
もしも、日照時間が少ないと稲は生育できません。
そういった意味からも太陽光発電をおこなう地域には、豊かな水田があるとよろしいというわけです。
そこでその水田と太陽光発電なのですが、福岡県のほうを見てみましょう。
実は福岡県なのですが、都市部も多いのですべての地域というわけではありませんが、水田はかなり多い地機になってます。
昔から発展をしてきた地域です。
その豊富な人口を支えるためには、水田がどうしても必要なのです。
そういったことから現代でも水田がいくつもあるようになってます。
特に、京橋地域などでは水田が多く見られていますので、やはり太陽光発電に適した地域が福岡県にあるといえます。
福岡県の太陽光発電ですが、冬はあまり期待はできないと理解しておきましょう。
福岡県は実は日本海側の気候なのです。
雪も多いです。
平野部では積雪は少ないこともあるのですが、ある程度郊外になりますと雪が積もります。
そして曇りがちな日も多くなります。
ただし、積雪量も一定を超えません。
ですので、太陽光発電を利用していくという面で考えますと、特に大きな問題はありません。
積雪があっても少なければ、冬の曇り空でも発電を行えますので安心してください。
発電量はもちろん晴れの時よりも少ないですが、少ないながらもある程度の発電ができるのが太陽光発電なのです。
また、福岡市と北九州市などの都市部は、ほとんど積雪はありません。
雪が降ってもすぐに溶けてしまうような環境になっているのです。
冬でも問題なく発電をしていただけます。

get( 'keyword', 6 ) ?>
get( 'comment', 6 ) ?>

Copyright © 2009 高まる太陽光発電への注目!, All rights reserved.| Powered by WordPress| Simple Indy theme by India Fascinates